海外に在住する日本人が加入できる香港の貯蓄型保険は多数ございますが、その中でも、FWD Life香港の米ドル建て貯蓄型保険は、将来の予定解約返戻率ではトップクラスです。日本にはFWD富士生命が進出しております。

FWD Life香港の歴史

FWDグループは、 2013年設立の 香港が本拠地の保険会社グループです。アジア10か国に拠点をかまえ、生命保険および医療保険、損害保険、企業年金などを取り扱っております。最近買収と新規参入でアジアマーケットで存在感を高めている保険グループです。アメリカ市場で上場も予定しております。

FWD Life香港のホームページはこちら

正式名称:
FWD Life (Hong Kong) Limited (富衛人壽(香港)有限公司)
FWD Life Assurance Company (Hong Kong) Limited (富衛人壽保險(香港)有限公司)

・従業員:6,100人(2020年12月時点/全世界)
・アドバイザー:33,000人
・時価総額:62.6Billion米ドル
・香港内マーケットシェア第9位

2013年 パシフィックセンチュリーグループがING香港を買収、FWD香港に改称。同年タイ参入
2014年 インドネシア・フィリピン参入。中国駐在オフィスオープン
2016年 ベトナム・シンガポール参入
2017年 富士生命買収で日本参入、FWD富士生命に改称
2019年 マレーシア参入
     MetLife Asia(香港)買収
     Siam Commercial Bank Life Assurance(タイ)買収(東南アジア最大の保険会社買収)
2020年 カンボジア参入
2021年 アメリカIPOを発表

パシフィックセンチュリーグループ

リチャード・リー

FWDグループのオーナーは、パシフィックセンチュリーグループ(Pacific Century Group :通称PCG)というアジアベースのプライベート金融投資グループです。1993年にアジアのビリオネア、リチャード・リー(Richard Li)が設立しました。PCGの主なビジネスは、テクノロジー、メディア&テレコミュニケーション、金融サービスと不動産です。

PCGは20年ほど前、Pacific Century Insurance(パシフィックセンチュリ―保険、現FT Life)という香港の大手保険会社を傘下にしておりましたが、2007年にFortisに売却したことがございます。

パシフィックセンチュリーのホームページはこちら

香港の大手通信会社「PCCW(香港市場上場)」、「HKT(香港市場上場)」、ネットTV会社「nowTV」、投資ファンド会社「PineBridgeインベストメント」、不動産会社「パシフィックセンチュリープレミアムディベロップメント(香港市場上場)」、保険会社「FWD」、インシュアテック会社「ボルトテック」は、全てPCG傘下であり、香港人の生活インフラを支えるコングロマリット企業です。

FWD Life香港の信用格付け

フィッチレーティング(Fitch):BBB+(2021年)

ムーディーズ(Moody's):Baa3(2021年)

FWD Life香港が提供する保険商品

FWD Life香港は、様々な保険商品を提供しておりますが、海外在住日本人が運用目的で申込可能な、代表的な保険商品を下記にご紹介いたします。

保険商品名詳細
MaxFocus Vision Insurance PlanMaxFocus Infinity/Achieverに代わる貯蓄型保険として、2022年1月より販売開始されました。(米ドル・香港ドル建て)
支払方法は、一時払い・5年払い・10年払い・15年払いの4つから選択ができます。20年超の長期運用で4~5%の運用リターンを見込んでおります。随時部分解約もできますので、将来の自助年金作り、お子さまの教育資金作りに最適な保険商品です。
詳細パンフレット(英語)はこちら

まとめ

PCGの資金力を背景に、2013年からわずか8年でアジア10か国にマーケットの拡大を果たしたFWDグループ。アメリカ上場を機に、更に保険マーケットで存在感を高めていくかもしれません。

数ある日本人がお申込可能な貯蓄型保険の中でも、Max Focus Vision Insurance Planは、長期で非常に高い予定返戻率を誇っています。20~30年以上流動性リスクが取れる資金で運用いただければ、設計書に近いリターンが期待できると思います。日本ご帰国前にぜひ一度ご検討ください。弊社でもFWD Life香港は取り扱っております。

資産運用のご相談、保険商品の詳細は、無料個別相談からお気軽にお申込みください。